糖尿病の種類と治療

糖尿病の症状その2

糖尿病の症状は、徐々に、体中、いろいろな場所に現れてきます。糖尿病の
症状が軽い場合、本人も見過ごしてしまうものです。ひどくならないと気が
つかないため、治療も遅れてしまいます。
ですから、肥満の方など、糖尿病になりやすい人は、中年以後、特に症状が
なくても、定期的に診断を受けたほうが良いでしょう。また、親が糖尿病の
方などは、遺伝する可能性も強いので、積極的に定期健診を受けるようにし
て早期、発見と早期、治療に努めてください。
では、糖尿病だと自分でわかるような症状としては、どのようなものがある
のでしょうか。
それは排尿の回数や量が多くなることです。尿に糖が排泄される際、血液中
の水分を尿に引き寄せます。ですから、糖尿病にかかると、排尿の回数が増
えて、同時に尿の量も増えます。
そして、夜間に、何度も起きてトイレに行くようになります。尿の中にはブ
ドウ糖が出ますので、尿に独特な臭いがしたり、泡立ちが目立ってきたりす
るようになるでしょう。
糖尿病も、他の病気も、治療は早いほうが良いに決まっていますので、トイ

レがやたらと近くなったり、量が増えたり、臭いがしたり、そんな症状に思
い当たる方は、早めに受診しましょう。
それから、糖尿病になると、尿の量が多くなるので、とにかく、喉が渇くよ
うになります。水分補給は通常の方でもまめに行うものですが、糖尿病にな
ると、異常なくらい、水やお茶を飲むようになるそうです。1 日中、水分補
給を大量にするようになり、寝ている間なども、夜中に起きて、水を飲む方
も多いようです。
糖尿病の症状その2