糖尿病の種類と治療

糖尿病の症状その3

このような、喉の渇く症状は、糖尿病の症状のなかでも、比較的、早い時期
に起こるものですので、この段階で、何かおかしいと思って受診できれば良
いですね。
喉の渇きから、糖尿病だとわかれば、かなり早期の段階で、治療を開始する
ことが可能になります。喉の渇きが異常なほど起こると感じている方は、す
ぐにでも病院で診てもらいましょう。
それから、糖尿病の方は、食欲が進むようになります。食欲が盛んになり、
過食の傾向が強くなります。そして、いくら食べてもおなかがすくようにな
ります。もりもりと、食べられるくらいですから、自分は健康だと思う方が
多く、治療を必要としているなんて思ってもいないでしょう。
「最近、食欲が出てきた」と思っても、この点で受診しようとは思わない方
がほとんどなので、糖尿病の発見も遅れてしまいます。私たちはよく「食べ
られなくなったら病気」、そう思っているので、食欲が増進することで病院
に行こうとは思いませんよね。
症状が重くなってからは、治療も大変ですので、食欲が増進したり、甘いも
のをやたら食べたくなったりした場合、糖尿病かもしれませんから、病院で

検査してもらいましょう。
糖尿病になっていると、甘いものを食べたくなります。糖尿病は、甘いもの
ばかりを食べ過ぎて発症すると勘違いしている方も多いですが、その逆であ
り、糖尿病になったから、甘いものを欲しているのです。それから、糖尿病
になると、体にだるさを感じるようになります。いつも体がなんとなくだる
い、何もする気力が起こらない、気持ちが上がってこない、このような脱力
感は、糖尿病の特徴です。
糖尿病の症状その3